(独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 麦研究領域 上席研究員
柳澤 貴司

大麦サポーターズとして一言

 大麦の品種育成の研究をしています。食物繊維β-グルカン含量の多い品種、炊飯後に褐変しない品種、食感の優れるもち性の大麦品種に関わっています。
そうした品種作りを通じて「やはり国産大麦が良いね」と言っていただこうと日々仕事をしています。
 サポーターズの活動を通じて、大麦の良さを消費者の方にもっと知っていただき需要や消費の拡大に貢献したいです。大麦は秋に種をまき、春に穂が出て初夏に収穫されます。寒い冬の間も少しずつ成長する作物です。大麦がもっと植えられて冬の田畑が大麦の「緑色」で埋め尽くされる日を夢見ています。
どうぞよろしくお願いします。